シントトロイデンFW鈴木優磨 シーズン初戦でチーム1号、開始2分 最初のシュートで決めた

[ 2020年8月9日 22:27 ]

ベルギー1部・第1節   シントトロイデン2―1ヘント ( 2020年8月9日    シントトロイデン )

ベルギー1部シントトロイデンのFW鈴木
Photo By 提供写真

 5人の日本人選手が所属するベルギー1部シントトロイデンのFW鈴木優磨(24)が、2020~21年シーズン初戦でチーム1号を決めた。

 9日、ホームのヘント戦に3トップ中央で先発し、前半2分にチーム最初のシュートで先制ゴール。左クロスを右足ワンタッチで押し込んだ。後半30分に交代。相手選手との言い争いで一歩も引かない姿勢を示すなど、闘志あふれるプレーで攻守に体を張り、昨季2位の強豪撃破に貢献した。

 昨季トウェンテ(オランダ)でプレーし、G大阪から期限付き移籍で加入したFW中村敬斗(20)は3トップ左で先発。前半19分にこぼれ球から右足でシュートでゴール左隅を捉えたが、相手GKの好守に阻まれた。デビュー弾はならなかったが、後半14分に交代するまで積極的なプレーを披露した。

 加入2季目のDF松原后(23)はベンチで出番なし。GKシュミット・ダニエル(28)とMF伊藤達哉(23)はベンチ外だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月9日のニュース