鹿島・曽ケ端、GK最年長出場新記録も敗戦…ザーゴ監督「個人のミスが目立った」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

YBCルヴァン杯1次L第2節   鹿島2―3川崎F ( 2020年8月5日    カシマ )

鹿島はグループステージ連敗でルヴァン杯敗退(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 鹿島のGK曽ケ端は41歳3日でフル出場し、ルヴァン杯におけるGKの最年長出場記録を更新した。これまではハーフナー・ディド(札幌)の40歳8カ月11日が記録だった。

 しかし、チームは途中出場のFW伊藤が2得点と気を吐いたものの惜敗し、1次リーグ敗退が決定。ザーゴ監督は「個人のミスが目立った。強い相手にやってはいけないミスを犯せば代償を支払うことになる」と指摘した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月6日のニュース