清水 8日札幌戦、19日横浜戦でタイ向けプロモーション実施 ユニ選手名もタイ語表記

[ 2020年8月6日 15:19 ]

 J1清水は6日、今月8日のリーグ札幌戦と同19日の同横浜戦でタイ向けのプロモーションを実施すると発表した。背面の選手名がタイ語表記のユニホームを清水の全選手が着用。遠隔応援システム「リモートチアラー」を使用したタイ国内からのリモート応援や、場内看板でタイ語によるクラブPRを行う。

 タイ国内では代表選手4人がプレーするJリーグへの注目度が高まっている。清水には今季同代表FWのティーラシンが加入。札幌のMFチャナティップとGKカウィン、横浜のDFティーラトンと同郷対決実現の可能性があることから、アジア戦略の一環で札幌、横浜両クラブの協力を得て実施する。

 清水は毎年現地でサッカー教室を行っているほか、公式SNSのタイ語ページを開設するなどして友好関係を深めている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月6日のニュース