神戸DFダンクレー 4試合の欠場理由は打撲とめまい 検査により三半規管の問題判明

[ 2020年8月6日 05:30 ]

 練習するJ1神戸・ダンクレー(左)(同クラブ提供)
Photo By 共同

 神戸のDFダンクレーが「めまい」を起こしていたことを明かした。

 5日の練習後にオンラインで取材対応。前節札幌戦で復帰するまで4試合に欠場した理由について「1試合目は練習の時に打撲があった。2試合目は試合前日に体調不良で、めまいがあった」と振り返った。

 検査により「内耳(三半規管)の問題だった」ことが判明。現在は完治しており、今季初の連勝が懸かる8日の仙台戦(ノエスタ)に向けて「チャンスを与えないようにしたい」と抱負を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月6日のニュース