C大阪18歳ルーキー西川潤 仏1部リール移籍浮上 「間もなく合意の可能性」と地元紙報道

[ 2020年8月4日 20:19 ]

浦和戦に向けて調整する西川(右) (C)CEREEZO OSAKA
Photo By 提供写真

 C大阪のルーキーMF西川潤(18)が、フランス1部リールに移籍する可能性が浮上した。地元メディア『Le10sport』によれば、昨年のU―20W杯にも出場していたレフティーに対し、今季を4位で終えたリール側が着目。「移籍金は約250万ユーロ(約3億1200万円)あたりで議論されており、間もなく合意に達する可能性がある」と報じられた。

 プロ入り前だった昨年からスペイン1部の名門バルセロナも興味を示しており、欧州クラブから常に熱視線が送られてきた18歳。リーグ再開前日の7月3日に左大腿四頭筋筋損傷を負い離脱していたものの、あす5日のルヴァン杯1次リーグ浦和戦(ヤンマー)を前にロティーナ監督は「(浦和戦の)招集メンバーに入っている」と明かした。その去就とともに、プロデビューが懸かる一戦にも注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月4日のニュース