ボローニャ冨安 来季は“本職”CB構想 ミハイロビッチ監督がリーグ最終戦後に明言

[ 2020年8月4日 05:30 ]

セリエA最終節   ボローニャ1―1トリノ ( 2020年8月2日 )

ユベントス戦ではC・ロナウドとも対戦したボローニャのDF冨安(手前)(AP)
Photo By AP

 7月21日のアタランタ戦で右太腿を負傷してラスト3試合を欠場したボローニャのDF冨安について、ミハイロビッチ監督はトリノ戦後に「来季はセンターバックとしてプレーする」と日本代表と同じ“本職”で起用する構想を明かした。

 昨夏シントトロイデン(ベルギー)から加入し、セリエA初年度で29試合に出場。うち26試合は右サイドバックで、1得点3アシストだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月4日のニュース