鳥栖 発熱選手はコロナ陰性 今後も予定通り試合開催へ

[ 2020年8月4日 05:30 ]

 鳥栖は3日にオンライン会見を開き、1日のFC東京戦前日に発熱した選手のPCR再検査を行い、結果が陰性だったと発表した。

 試合3日前の検査でも陰性だった当該選手は7月31日午後9時には38度となり、8月1日には平熱に戻った。竹原稔社長は、行動記録は詳細につけているとし「濃厚接触者はいないという判断」と説明。報告義務が生じる2日連続発熱ではなかった点にも触れ、試合前に発熱者がいることを連絡した理由について「(陰性の可能性が)100%ではないと思いました」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月4日のニュース