コロナ禍からの救済行脚始動!サッカー合同トライアウト 高3、大学4年対象に各地で実施へ

[ 2020年8月4日 05:30 ]

 高校3年、大学4年生のサッカー部員を対象とした合同トライアウトの第1回が3日、熊本・大津町運動公園で行われた。高校、大学ともに20分×4本の練習試合を実施し、集まったJリーグや大学などのスカウトの前で技量を披露した。今夏はコロナ禍の影響で全国大会が次々と中止。アピール機会を失った選手への救済策として計画されており、8月中旬までに九州、中国、関西、東海4地区の選手を対象に実施される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月4日のニュース