横浜移籍のFW前田大然 練習合流で意気込み「国内全てのタイトルとアジア王者を目指す」

[ 2020年8月4日 05:30 ]

U―23日本代表FW前田大然
Photo By スポニチ

 横浜はJ2松本からUー23日本代表FW前田大然(22)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は来年1月末まで。前田は3日から練習に合流し、クラブを通じ「国内全てのタイトル、アジア王者を目指して僕は最後まで走り続けたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントした。

 昨年7月に松本(当時J1)からポルトガル1部マリティモに移籍。リーグ23試合に出場し3得点をマークした。約1年ぶりのJリーグ復帰にあたり、J1でのプレーを熱望したという。50メートル5秒8の快足を誇る東京五輪世代の韋駄天(いだてん)の獲得にはC大阪なども乗り出したが、J1連覇を目指す横浜が争奪戦を制した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月4日のニュース