湘南、札幌とドロー 開幕3連敗でストップ、浮島監督「サポーターが入って心強かった」

[ 2020年7月12日 22:24 ]

明治安田生命J1第4節   湘南0―0札幌 ( 2020年7月12日    BMWス )

<湘南・札幌>駆け付けたサポーターにあいさつする湘南イレブン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 湘南が引き分けで勝ち点1をマークし、開幕からの連敗を3でストップした。浮島敏監督(52)は「サポーターが入って心強かった。ただ、勝ち点3を取りたかった試合。スペースがない中でどうこじ開けるか、サッカーで一番難しいところ」と振り返った。

 ハーフタイムに札幌が一気に4人交代してきたが「ベンチで話をしていたので3枚かと思った。4枚は初めて。少し考える時間が必要だったがハーフタイムだったので」。アンカーに大宮から移籍の茨田陽生(29)初先発させたが、後半10分に惜しいシュートを放つなど好プレーを見せた。茨田も「自分ではゴールを意識していたので1本打てて良かった。サポーターがいて力になった」と振り返る。「ボールを受ける回数が少なかった。もっとチャンスをつくらないと」と、課題も口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月12日のニュース