J2大宮 4連勝で首位キープ ゴール裏の「顔写真」に感謝

[ 2020年7月12日 05:30 ]

 明治安田生命J2は11日、各地で10試合が行われ、大宮は東京Vに1―0、長崎は愛媛に2―0で勝ち、ともに開幕からの連勝を4に伸ばした。昨季J1の松本は新潟に0―1で競り負けて今季初黒星を喫し、磐田は山口を2―1で下して2勝目を挙げた。

 大宮は4連勝で首位を守った。前半1分に左サイドのスローインがそのまま右サイドに流れ、渡部がゴール。高木監督は「今季は何があるか分からないので一試合一試合勝ち点を取っていくだけ」と先を見据える。この試合から観客が入り、2271人だったが、ゴール裏は空席にサポーターの顔写真入りのパネルを置いて満員に見える工夫も。渡部も「みんなでいいねと言っていた。感謝している」と歓迎した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月12日のニュース