久保 世界的スター可能性ランキングで6位選出、トップはバルサFWファティ

[ 2020年7月8日 16:31 ]

久保建英
Photo By スポニチ

 スペインYahoo!は7日、現在スペイン1部でプレーする若手の中から、将来世界的スターになる可能性を秘めているイレブンを選出。マジョルカで覚ましい活躍を続ける日本代表MF久保建英(19)が6位に入った。

 同メディアは選出理由に、当然ながらRマドリードから1年間の期限付きで加入したマジョルカでの今季の活躍を挙げ、「この小さな日本人は、ラ・リーガでセンセーショナルを起こしているひとり。マジョルカでもっとも危険なプレーヤー」と解説。さらに「将来に関してはまだ不透明。マジョルカに残留すること、Rマドリードで枠を確保するのは難しい状況。成長を続けるためにも、(来季は)さらに高いレベルのチームにレンタルされることは間違いない」と加えた。

 なお1位はバルセロナの下部組織で久保とコンビを組んでいたバルセロナのスペインU―21代表FWアンス・ファティ(17)。2位がRマドリードのブラジル代表FWビニシウス(19)。3位が18年の国王杯でトップデビューを飾ったバルセロナのMFリキ・プッチ(20)。4位がRマドリードのFWロドリゴ(19)。5位がバレンシアのスペインU―21代表MFフェラン・トーレス(20)。

 そして6位に久保が入り、7位はレアル・ソシエダのスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサク(20)。8位がセビージャのフランスU―20代表DFジュール・クンデ(20)、9位がバリャドリードのガーナ人DFモハメド・サリス(21)、10位がビジャレアルのナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼ(21)、11位がレアル・ソシエダのFWアンデル・バレネチェア(18)となっている。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月8日のニュース