Eフランクフルト・鎌田 ドイツ“初ゴール”で今節のベストイレブン初選出

[ 2020年5月29日 05:30 ]

フライブルク戦の後半、ゴールを決めるEフランクフルトの鎌田(右から2人目)
Photo By 共同

 ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)のEフランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が、28日付の専門誌キッカーから今節のベストイレブンに初選出された。

 3―3で引き分けた26日のフライブルク戦にフル出場し、リーグ戦初ゴールを決めるなど活躍した。最高が1、最低が6の採点で、同誌は鎌田にチーム最高点となる2を与えた。3バックの一角でフル出場した同僚の長谷部誠の採点は3.5だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月29日のニュース