セリエA 6月20日再開へガイドライン策定 選手と審判の距離は1・5m 4日置きにPCR検査

[ 2020年5月29日 16:05 ]

昨季王者のユベントスのクリスティアーノ・ロナウド(AP)
Photo By AP

 3月中旬から中断中のセリエAが、6月20日から再開されることが29日に正式に決定した。それに伴い試合開催のガイドラインも明らかとなった。地元メディアで報じられた主なガイドラインの内容は以下のとおり。

 (1)スタジアム、ロッカー、ピッチ。
 
 スタジアムは大きく、テクニカル、スタンド、場外の3つのゾーンに区分けされ、各ゾーンには最大で130人、3つのゾーン合計人数は最大で300人までに制限される。試合前のアップなども含めた3時間の中では、ピッチ上に両チームイレブンの22人ほか、両チームのベンチメンバー24人、監督以下両チームのスタッフ30人、ボールボーイ6人に人数が限定。セキュリティーの数ももちろん、報道陣の数も10人に制限される見通しという。
 選手はホームチームが試合開始の1時間半前、アウェイチームが1時間40分前に、出来る限り分散する形でスタジアム入り。ロッカールームはスタメン組、GK、控え組と分けられ、出来る限り多くの部屋の利用が義務付けられる。試合に出場する選手は、キックオフ前の握手はもちろん、写真撮影は禁止。またマスコット、マスコットキッズの入場も当分の間は見送られるという。

 (2)インタビュー
 
 前半終了時、試合後のインタビューは、インタビューアーと選手との距離は2メートルの間隔を保つことが義務付けられ、ミックスゾーンは閉鎖。取材はスカイプなどSNSを通じて最大3選手の取材のみとなる見込みという。

 (3)健康管理
 
 選手たちはスタジアム入りする際に検温を行い、食事は既にパックされたものが用意され、ペットボトルも各々に用意されたもののみ使用可能という。ロッカルームの選手同士の距離は2メートル間隔で、シャワーも出来る限り、ホテルや自宅で浴びることとなるという。

 (4)審判団
 
 審判団は各々の車に乗って試合開始1時間45分前にスタジアム入り。選手が審判と会話する際は、1メートル半の間隔を保つことが義務付けられ、もしそれを破って接近した選手に対しては、警告を出すことも可能という。
 
 (5)チーム内に陽性反応が出た場合
 
 チーム内に感染した選手が出た場合、チーム全体が外部との接触を回避しながら練習を継続することは可能というが、外部との接触は14日間に渡って禁じられ、チーム全体が隔離生活を強いられることになるという。
 
 (6)PCR検査
 選手は4日置きにPCR検査を行い、そのうちの1回は試合前日に行う可能性が高いという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月29日のニュース