セリエA 6・20再開を正式発表 3カ月半ぶり

[ 2020年5月29日 09:30 ]

 3月中旬から中断中のセリエAが、6月20日から再開されることが28日に正式に決まった。政府がFIGC(イタリアサッカー協会)、サッカー連盟などと合意。スパダフォーラ・スポーツ大臣が発表した。セリエBも同日に再開される予定だ。

 6月20日のリーグ再開に先駆け、同13日にはイタリア杯が再開予定。13日にはユベントス―ミランの準決勝・第2戦が行われ、翌14日にナポリ―インテル・ミラノの準決勝・2戦が開催される。17日にはその2試合の勝者がローマで決勝を戦う。

 セリエAのチームは今月18日に全体練習を再開。日本代表DF冨安が所属するボローニャは28日、チームスタッフのひとりにコロナ感染の疑いがあると発表し、全体練習は一時ストップ。ガイドラインに従い再び個人練習に舞い戻ったが、同スタッフは1回目と2回目のPCR検査では陰性反応で、3度目の検査でも陰性の場合は、近日中に全体練習が再開される見通しという。

 スパダフォーラ・スポーツ大臣は「FIGCには、サッカーが再開され再び医療体制が緊急事態に陥ったときどうするかを聞いたら、プレーオフ開催など、順位を明確にできるプランB、プランCがあると保証してくれた。私は個人的にサッカーが、まず再開となるイタリア杯が、イタリア全体にポジティブなシグナルとなることを願っている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月29日のニュース