名古屋 7・4再開決定にフィッカデンティ監督「目標が明確になり、やるべきことがはっきりした」

[ 2020年5月29日 19:48 ]

名古屋・フィッカデンティ監督
Photo By スポニチ

 名古屋は29日、J1リーグ戦の再開が7月4日に決定したことを受け、マッシモ・フィッカデンティ監督、丸山祐市主将、相馬勇紀選手会長のコメントを発表した。

 ▼フィッカデンティ監督 再びグランパスファミリーの皆さまとサッカーを楽しめることを大変うれしく思います。活動休止期間中、オンラインでのトレーニングからに自主トレーニング、グループトレーニングとステップを踏み、制限のある中ではありますが、闘えるチームづくりを進めてきました。リーグ再開が決まったことで我々の目標が明確になり、やるべきことがはっきりしました。引き続き、感染防止に努めながらトレーニングを続けていきたいと思います。リーグ再開のタイミングでは、ファミリーの皆さまにスタジアムでお会いすることはできませんが、一緒に闘っていることを感じながら我々は試合に挑みます。そしてまた満員のスタジアムで共に闘える日を心待ちにしています。

 ▼丸山主将 日常にあったサッカーができなくなり、不安な日々も続いていましたが、Jリーグの再開が決まり、素直にうれしく思います。まだ新型コロナウィルス感染症は完全に終息していないので、引き続き手洗い・うがいなど感染を防ぐ行動をとっていきたいと思います。試合に向けて逆算し、チームとしては戦術の部分を再確認する必要があります。また個人としても、頭では理解していますが、それを体現するためのフィジカルコンディションが100%ではないので、まずはしっかり90分間戦える身体作りを、リーグ再開に向けて取り組んでいきたいと思います。日程が変更となり、いろいろと難しいシーズンになると思います。また連戦が多くなり、総力戦になると思うので、チーム全員で力を合わせて頑張っていきたいです。最後に、グランパスファミリーの皆さんも不安な日々を送っていたと思います。Jリーグが再開しても、無観客や入場制限などいろいろと不自由なことがあるかもしれませんが、試合に勝利して、皆さんと喜びあえる、あの最高の瞬間を楽しみにしています!

 ▼相馬選手会長 Jリーグが再開することを素直にうれしく思い、試合のことを考えるととてもワクワクします。外出自粛にご協力いただいた全ての皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。これまでオンライントレーニング、ピッチでの自主トレーニング、グループトレーニング、それぞれで出来る限りのことはやってきました。再開までの約1カ月、体と頭をしっかりと整え、チームとして完成させていきたいです。タイトルを獲る!そこに向けて、勝利をつかむために日々の時間を過ごしていきます。最高の雰囲気でプレーすることを楽しみにしています。ただ、3密を作らないよう、しっかり安全に、楽しく共に闘いましょう!

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月29日のニュース