札幌・具聖潤、予定早めて退団 22年復帰の計画

[ 2020年5月29日 05:30 ]

札幌・GK具聖潤
Photo By スポニチ

 札幌の三上大勝GMは韓国代表GK具聖潤(クソンユン・25)が退団すると明かした。当初は兵役のために今季終了後に退団予定だったが、3月にバセドー病を発症。さらにコロナ禍の影響でリーグ再開の見通しが立たない中、8日に再開した韓国で半年早くプレーし、当初より早い22年シーズン最初から札幌に戻る計画。三上GMは「我々にもメリットがあると判断した」と説明した。

 また、FWアンデルソン・ロペスのブラジルへの帰国も報告。今季再入国できない可能性もあるが、同GMは「家族のために帰国を認めた」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月29日のニュース