本田圭佑 五輪への思い語る「挑戦として最後までやり切りたい」

[ 2020年5月29日 05:30 ]

「WEIN挑戦者FUND」設立のオンライン記者発表会を行った本田圭佑(画面右上)

 ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(33)が28日、日本国内のスタートアップ投資などを行う「WEIN挑戦者FUND」を6月に設立すると発表した。ネスレ日本の元代表取締役社長高岡浩三氏らと同社の代表パートナーに就き、20億円規模の資金を集めて、国内企業に投資する。

 「サッカーで結果を出さないと選手としてのキャリアももちろん、ビジネスもダメになるという危機感を持ってブラジルでサッカーをしている。来年の東京五輪を目指しているので、この挑戦は挑戦として最後までやり切りたい」と選手、監督、実業家として、公言する“東京五輪出場”に挑むと改めて宣言。異国の地でも“革命児”は歩みを止めない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月29日のニュース