山村移籍1号!川崎F 7戦ぶり白星で指揮官「次につなげたい」

[ 2019年9月15日 05:30 ]

明治安田生命J1第26節   川崎F2-0磐田 ( 2019年9月14日    等々力 )

<川崎F―磐田>前半、ゴールを決める川崎F・山村
Photo By 共同

 川崎Fが最下位相手に、約1カ月半ぶりの勝利をもぎ取った。

 前半22分、脇坂の今季3点目で先制。同35分には今季C大阪から加入した山村の移籍後初ゴールで加点した。7月27日の大分戦以来、7戦ぶりの白星。鬼木監督は勝てなかった要因を「得点のところにしっかりフォーカスしないと」と決定力の低下にあったと分析。悪い流れを断ち切っただけに「次につなげていきたい」と、逆転での史上2チーム目のリーグ3連覇へ反撃を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月15日のニュース