武蔵へのヘイト書き込み…大分社長「大分サポと特定されれば出入り禁止」

[ 2019年9月15日 05:30 ]

 サッカー日本代表で、札幌のFW鈴木武蔵(25)に対し、大分のサポーターを名乗る人物が、ツイッターで差別的な書き込みをしていたことが14日、分かった。

 鈴木はジャマイカ人の父を持ち、自身もジャマイカ出身。大分の広報担当者によると、「あの見た目で日本代表なんてインチキじゃない?」などと書き込まれていた。大分の榎徹社長は「調査しているがすでにコメントが削除されているので特定が難しい。大分のサポーターと特定されれば、出入り禁止にします」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月15日のニュース