西野監督率いるタイが初勝利 インドネシアに快勝

[ 2019年9月11日 00:54 ]

 2022年W杯カタール大会のアジア2次予選は10日に各地で行われ、G組で前日本代表指揮官の西野朗監督が率いるタイ(FIFAランキング115位)はアウェーでインドネシア(160位)に快勝。初勝利を挙げて、勝ち点を4に伸ばした。

 5日の初戦はベトナム(97位)とホームで0―0の引き分け。試合後に西野監督は「アウェーだが、勝ち点3を取りにいく」と話していた通り、攻撃的に後半3ゴールを奪った。DFティーラトン(横浜)が2点に絡む活躍。1―0の後半18分にPKを左上に決めると、後半26分には左折り返しでMFサラチャット(ブリラムU)のこの日2点目をアシストした。

 タイは来月15日にホームでUAE(65位)と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月10日のニュース