清水MF滝 右膝内側側副靱帯損傷で全治4週間、練習試合で負傷

[ 2019年9月10日 13:49 ]

 清水は10日、MF滝裕太(20)が右膝内側側副靱(じん)帯損傷で、全治までは4週間を要する見込みと診断されたと発表した。

 滝は7日に行われた東海学園大学との練習試合でプレー中に負傷。静岡市内の病院で検査を行った結果、右膝内側側副靱帯損傷と診断されたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月10日のニュース