森保ジャパンがミャンマーへ出発 久保建英はリラックスムード

[ 2019年9月6日 15:00 ]

<サッカー日本代表出発>笑顔の久保(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 W杯カタール大会アジア2次予選ミャンマー戦(10日、ヤンゴン)に臨む日本代表は6日、成田空港発の航空機で離日した。

 前日5日の親善試合パラグアイ戦(カシマ)で後半開始から出場し、積極的なシュートを放ったMF久保建英(18=マジョルカ)はMF板倉滉(22=フローニンゲン)と談笑するなどリラックスムード。GKシュミット・ダニエル(27=シントトロイデン)やMF伊東純也(26=ゲンク)らコンディションに問題を抱える選手も帯同した。

 ブラジルW杯アジア予選・北朝鮮戦(11年9月2日)では後半終了間際にDF吉田麻也(30=サウサンプトン)が決勝点。前回のロシアW杯アジア予選・シンガポール戦(15年6月16日)はスコアレスドロー。過去のアジア予選の初戦は苦戦してきただけに、FIFAランキング135位のミャンマー相手といえど侮れない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月6日のニュース