冨安、CB先発も後半は右SB「違和感なくやれました」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

国際親善試合   日本2―0パラグアイ ( 2019年9月5日    カシマ )

前半、体を張る冨安 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 来るべきアジア予選へ向けて、新たなオプションになる可能性を示した。前半は本職のセンターバックで出場し、後半からはボローニャでプレーする右サイドバックに変更。「リスクマネジメントはパーフェクトではなかった」と反省しつつも「試合前に監督から言われていた。別に違和感なくやれました」。 日程&結果  日本代表メンバー

 右サイドでは久保とコンビを組んで積極的な攻め上がりを披露。終了間際には絶妙なクロスを上げるなど、守備だけではないセンスを見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月6日のニュース