長友、攻撃に手応え 進化を続ける32歳「今回が一番いい状態」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

国際親善試合   日本2―0パラグアイ ( 2019年9月5日    カシマ )

前半22分、長友がクロス(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 アシストこそつかなかったものの、攻撃に手応えを示した。前半23分、大迫を狙った左クロスは相手DFの足に当たり「狙いにいったと言ったら叩かれる。完全にミス」と反省したが、「敵に当たっていいボールになるんだから、長友、まだ持ってますね。いい試合ができた」と笑った。 日程&結果  日本代表メンバー

 テストマッチを快勝で終え、いよいよ自身4度目のW杯アジア予選が始まる。進化を続ける32歳は「今回が一番いい状態」と胸を張った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月6日のニュース