大迫、エース決意弾!有言実行の一撃は技あり先制

[ 2019年9月6日 05:30 ]

国際親善試合   日本2―0パラグアイ ( 2019年9月5日    カシマ )

前半、大迫が先制ゴール(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 仲間も舌を巻く技ありのゴールだった。前半23分。左サイドの細かい崩しから長友にパスが通り、鋭く低い弾道のクロスがゴール前に。反応したのは大迫だ。直前にDFに当たって軌道が変わったものの、巧みに左足で合わせ左上を射抜いた。「あの1点でチームとして楽になった。取れて良かった」と事もなげに話したが、長友は「目の前で軌道が変わっているので相当難しいはず。大迫さまさまですよ」と感謝した。

 くしくも会場となったカシマスタジアムは、09年から13年まで在籍した鹿島の本拠地。公式戦通算40得点を積み上げた地で半端ない一撃を叩き込んだ。これまでは試合前日の取材ゾーンをスルーし無言を貫くことも多かった大迫が、今回は報道陣の前で足を止めた。「しっかりと結果を出さないといけない。中心でやっているからには結果を出さないといけないという責任感がある」。前回のW杯ロシア大会アジア予選はわずか1得点に終わったが、今回は違う。そんな決意の表れが、言葉の端々ににじんだ。

 連係面にも手応えを示した。自身のケガなどもあり1トップの大迫と2列目の中島、南野、堂安がそろうのは昨年11月以来だったが、「もうこの4人で結構やってきているので。感覚的なものを合わせればチャンスは増える」と“最強カルテット”が織りなす多彩な攻撃に自信を示した。  10日のミャンマー戦を皮切りに始まるW杯アジア予選。「もう(予選が)始まるので、しっかりいい準備をしたい」。一筋縄ではいかないアジアの戦いが待とうとも、半端ないエースが日本の行く道を照らす。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月6日のニュース