ネイマールの移籍の可能性をレオナルド氏が認める「交渉は進展している」

[ 2019年8月11日 00:47 ]

 フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(27)について、同クラブでスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が移籍の可能性を認めた。

 ネイマールはスペイン1部の古巣バルセロナ、同レアル・マドリードに移籍する可能性が報じられているが、レオナルド氏は10日に「交渉はこれまでより進展している。しかし合意に至ったわけでなはい。残留するか移籍するか見極める必要がある」と現状を明かした。11日の開幕節ニーム戦は体調不良もあり欠場するという。

 ネイマールは2017年8月にバルセロナから史上最高の移籍金2億2200万ユーロ(当時約291億円)で加入。負傷離脱もあり2シーズンでリーグ出場は37試合(34得点)、公式戦出場は58試合(51得点)にとどまっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月10日のニュース