レアル アザールは背番号「7」に決定 “エース背番”を引き継ぐ

[ 2019年8月11日 00:07 ]

 スペイン1部リーグのレアル・マドリードは9日、トップチームの背番号を発表した。プレシーズンマッチで「50」を付けていた新加入のベルギー代表FWアザールは「7」に決定。かつてスペイン代表FWラウル、ポルトガル代表FWのC・ロナウドらが付けた“エース背番”を引き継いだ。

 移籍の可能性が報じられていたウェールズ代表FWベールは「11」、昨季までバイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍していたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは「16」で登録された。
 18歳のブラジル人FWロドリゴは「27」に決まった一方で、同じく新加入の日本代表MF久保建英の名前はなかった。

 プレシーズンの米国、ドイツ遠征でトップチームに同行していた久保は7日にBチーム(3部)に初合流し、親善試合2部アルコルコン戦に出場。その後はトップチームに再合流し、10日も練習に参加した。地元メディアでは、スペイン1部リーグのバリャドリードに期限付き移籍する可能性が報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月10日のニュース