G大阪・食野、マンC完全移籍 今季ブレーク海外志向強くクラブ容認

[ 2019年8月10日 05:00 ]

食野亮太郎
Photo By スポニチ

 G大阪FW食野亮太郎(21)がイングランドの名門マンチェスター・シティに完全移籍することが9日、発表された。6日に正式オファーが届き、7日に渡欧。メディカルチェックを経て、正式入団が決まる。

 東京五輪世代の食野は、今季J1リーグ12試合3得点。5月11日の鳥栖戦でJ1初得点を挙げると、一気にブレークした。シャフタル・ドネツク(ウクライナ)やポルティモネンセ(ポルトガル)などからも興味を示された。今夏はFW宇佐美やFWパトリックが加わり最近2試合は途中出場にとどまっていたものの、宮本監督は必要戦力として慰留。松波正信強化部長は「(本人の)チャンスを逃したくない思いが強かった。戦力で痛いけど、彼のキャリアを含めて、彼の思いを優先した」と移籍を容認した経緯を明かした。

 日本代表歴がない食野はプレミア・リーグでプレーする条件を満たしていないため、他クラブへ期限付きで移籍。レベルアップして、イングランド屈指の名門で定位置を奪うチャンスをうかがう。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月10日のニュース