さらば香川…ドルトムント、「永遠にレジェンド」と惜別メッセージ

[ 2019年8月10日 22:45 ]

香川真司
Photo By スポニチ

 ドイツ1部ドルトムントからスペイン2部サラゴサへ移籍した日本代表MF香川真司(30)について、ドルトムントの公式ツイッターは9日に「ありがとう」(ドイツ語版)、「永遠にレジェンド」(英語版)と惜別メッセージを掲載した。

 香川はドルトムントで通算6年半プレーし、ドイツ1部リーグ148試合で41得点37アシスト、欧州チャンピオンズリーグ22試合で4得点6アシストをマーク。2度のリーグ制覇(2011、2012年、2度のドイツ杯優勝(2012、2017年)に貢献した。バツケ社長はクラブ公式サイトで「シンジは功績のあるドルトムントの選手だ。我々と共にタイトルを獲得し、常にチームのために身をささげてきた。プロの模範、偉大な人間で、第二の故郷であるドルトムントには多くの友人がいる」と功労者を称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月10日のニュース