韓国VS北朝鮮の南北対決実現!W杯予選は韓国が6戦負けなしも…2次予選では初対戦

[ 2019年7月17日 20:13 ]

カタールW杯アジア2次予選の組み合わせが決定。韓国代表のエースとして注目のソン・フンミン(中央)(AP)
Photo By AP

 サッカーの2022年カタールW杯アジア2次予選の組み合わせ抽選が17日、マレーシアのクアラルンプールで行われ、10大会連続の本大会出場を目指す韓国(37)はレバノン(86)、北朝鮮(122)、トルクメニスタン(135)、スリランカ(201)と同じH組に入った。

 ポット1の韓国はポット2の強豪イラク(77)やウズベキスタン(82)を避けることが出来たものの、ポット3の“難敵”北朝鮮との南北対決が実現。国際親善試合を含めた北朝鮮との過去の対戦成績は8勝8分け1敗。W杯予選での対戦成績は3勝3分け負けなしと好成績を誇るが、1点差の拮抗した試合が多く過去17戦のうち複数得点を決めたのは3回のみ。2次予選では初対戦となるだけに“不気味”な存在だ。

 またレバノン、トルクメニスタン、スリランカと敵地への移動距離が長くなるのも不安要素のひとつ。2次予選ながらスリリングな展開が待っていそうだ。

 2次予選は40チームが8組に分かれ、各組1位と2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進出する。

 ※()内数字はFIFAランク 

【グループA】中国、シリア、フィリピン、モルディブ、グアム

【グループB】オーストラリア、ヨルダン、台湾、クウェート、ネパール

【グループC】イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア

【グループD】サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール

【グループE】カタール、バングラデシュ、オマーン、インド、アフガニスタン

【グループF】日本、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴル

【グループG】UAE、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア

【グループH】韓国、レバノン、北朝鮮、トルクメニスタン、スリランカ

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月17日のニュース