FC東京・長谷川監督 神戸のMF三田で獲得に「難しい時期に戻ってきてくれたのは大きな補強」

[ 2019年7月17日 19:13 ]

 FC東京は17日、神戸からMF三田啓貴(28)を完全移籍で獲得したと発表した。約3年半ぶりの復帰で、近日中にチームに合流予定。背番号は7に決まった。

 長谷川健太監督(53)が報道陣の取材に応じ、「いい選手がきてくれた。難しい時期に戻ってきてくれたのは大きな補強になるんじゃないかなと思っている」と新戦力に期待を寄せた。

 さらに指揮官は「ボランチもサイドハーフもできる中盤のユーティリティー。ボランチでプレーしていた仙台時代には、ボールを運べるし、パスをさばける上手い選手だと思っていた」と印象を明かした上で、「チームとして幅が広がる。ここからまた新加入選手を使えるので、戦力的には厚く戦っていける」と後半戦に向けた手応えを話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月17日のニュース