磐田 G大阪から元日本代表MF今野を獲得「プロ生活を最低45歳まで続けたいという思いが」

[ 2019年7月17日 18:44 ]

 J1磐田は17日、J1のG大阪から元日本代表MF今野泰幸(36)を獲得したと発表した。大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で取材に応じた今野は「プロ生活を最低45歳まで続けたいという思いがある。そこまで笑顔で突っ走りたいので、今回の移籍も悲しいけど、前向きに切り替えてやっていきたい」と話した。

 今野は2010年南アフリカ、14年ブラジルの2大会連続でワールドカップ(W杯)に出場。12年に加入したG大阪では14年シーズンの3冠達成に貢献した。今季は宮本恒靖監督がシーズン途中から若手への切り替えを進める中、リーグ戦の出場は10試合で、直近の3試合はベンチを外れた。


 磐田は19試合を消化して4勝5分け10敗の勝ち点17で、16位と低迷している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月17日のニュース