俊輔 横浜FC初合流!カズ8・14天皇杯で“世界最年長2トップ”熱望

[ 2019年7月17日 05:30 ]

横浜FCに合流した中村(中央)と笑顔の三浦知(右奥)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 磐田からJ2横浜FCに移籍した元日本代表MF中村俊輔(41)が16日、新天地で初合流を果たした。午前に行った本拠地での加入会見ではJ1昇格を目標に掲げ、午後の練習では尊敬するキングカズことFW三浦知良(52)と再会。左内転筋痛でリハビリ中の中村はデビューが8月14日の天皇杯3回戦・横浜戦になる可能性も浮上し、カズも「世界最年長2トップ」結成を熱望した。

 まさに夢の2トップ結成だ。チームはこの日、悪天候のため室内で調整。練習開始前にカズと俊輔が並んで会話を交わすと会場は一気にどよめき立った。「昔一緒に代表でやっていたときの話とか、あとは冗談」とカズが話せば、中村も「18歳で代表に入ったとき、一番に声を掛けてくれたのがカズさんだった」と感慨深げ。長きにわたって日本代表をけん引した両雄だけに思い出話に花が咲いた。だが、もちろん、視線は先を見据えている。

 その両雄が8月14日の天皇杯3回戦・横浜戦でともにピッチに立つ可能性が浮上した。中村は現在、左内転筋痛でリハビリ中。万全での復帰を目指す中村は「1カ月はかからないと思う」との見通しを口にした。言葉通りなら、古巣対決となる一戦での復帰が濃厚。カズからは早くも「天皇杯は楽しめそうだな。FWとトップ下で出たら世界最年長2トップだな」と熱望された。合わせて93歳はまさにギネス級の2トップ。夢は膨らむ。

 くしくもカズが代表で最後に決めた55点目は、中村が起点となった00年6月6日のジャマイカ戦(モロッコ)でのゴール。カズは「今のところ最後と言った方が良いですね」と、再びのアシストへの期待を込めてちゃめっ気たっぷりに笑い、天才レフティーを「41歳だけどJ1に上げたいという気持ちを持っている」と歓迎した。中村自身も「(チームを)J1に上げる、またJ1の選手になる」と力強く所信表明。チームは昇格プレーオフ圏内の6位に勝ち点4差の9位。日本サッカー界のビッグ2が、J2を盛り上げる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月17日のニュース