川崎F 勝ち星スルリ…終了寸前に追いつかれ 鬼木監督「追加点を取れなかったのが問題」

[ 2019年6月2日 05:30 ]

明治安田生命J1第14節   川崎F1―1浦和 ( 2019年6月1日    等々力 )

<川崎F・浦和>後半9分、ダミアン(中)が先制ゴールを決める(撮影・大塚 徹)      
Photo By スポニチ

 川崎Fはラストワンプレーで勝ち点2を失った。前半は攻めあぐねたが、後半9分に元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが登里の左クロスを右足で悠々と流し込んで先制。守備もほとんどチャンスを与えなかったが後半アディショナルタイムにセットプレーから追いつかれた。

 鬼木監督は「2点目、3点目を取れなかったこと」と最後の失点シーンより追加点を逸したことが問題だったと強調。リーグ戦は10戦負けなし(8勝2分け)だが、ホームで痛い取りこぼしとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月2日のニュース