サラー エジプト選手初のCL制覇!1年前負傷退場の雪辱「本当に信じられない」

[ 2019年6月2日 17:42 ]

優勝カップにキスをするリバプールのサラー(AP)
Photo By AP

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は1日、マドリードで決勝が行われ、リバプールが2―0でトットナムとのイングランド勢対決を制し、14季ぶり6度目の優勝を果たした。

 エジプト代表FWサラーが雪辱を果たした。開始2分に相手ハンドで得たPKを左足で右隅へ力強く蹴り込んで先制ゴール。フル出場で優勝に貢献した。昨年の決勝はレアル・マドリード(スペイン)のDFセルヒオラモスに倒され、左肩を痛めて負傷退場。1年前の涙を笑顔に変えた。

 エジプト人選手として初の欧州CL制覇を果たし「サッカー人生で多くの犠牲を払ってきた。村から出て、エジプト人としてこのレベルに到達できたのは本当に信じられないこと」喜びに浸った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月2日のニュース