浦和が“長谷部塾”実施!ブンデスリーガと協力、26日広島戦前に

[ 2019年5月24日 12:39 ]

長谷部誠
Photo By スポニチ

 浦和が、ブンデスリーガと協力し「長谷部塾」を実施することが24日、分かった。26日の広島戦前、埼玉スタジアム内のボールルームが会場。浦和OBで現在はフランクフルトで活躍する元日本代表MF長谷部誠(35)を招き、浦和ジュニアユース、浦和ユースに所属するアカデミー選手約60人と、トークセッションを行うことが決定した。

 長谷部は02~07年まで浦和でプレー。06年にリーグ初制覇、07年にはACL制覇に大きく貢献した。08年からドイツに渡り、ブンデスリーガでの通算288戦出場は日本人最多記録。日本代表でも長く主将を務め、W杯にも3度出場した。国内外を問わず、豊富な経験値は、日本人屈指の存在だ。

 浦和では「社会の一員として青少年の健全な発育に寄与する活動」をクラブ理念に掲げており、その一環となる。長谷部と言えば出版した自己啓発書「心を整える」がミリオンセラーとなるなどその言動は老若何女を問わず、多くの影響を与えて来た。トークセッションではアカデミー選手からの質問コーナーも予定され、最高の機会となりそうだ。

 今回はブンデスリーガとの共同企画となり長谷部とともに浦和OBのウーベ・バイン氏も来場。広島戦前のピッチに登場する可能性もあるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月24日のニュース