17歳久保、代表初招集 6月不出場でも“記録更新猶予”たっぷり

[ 2019年5月24日 05:30 ]

全体練習を終えた久保(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 FC東京の久保が日本代表初招集された。6月の親善試合2戦(トリニダード・トバゴ戦=18歳1日、エルサルバドル戦=18歳5日)のいずれかでデビューを果たせば、98年の市川大祐の17歳322日に次いで2番目の年少記録となる。

 また、得点を決めた場合は、77年に記録した金田喜稔の19歳119日を大きく更新し、最年少ゴールとなる。今回不出場の場合でも、デビューは2位小野伸二の18歳186日まで半年以上、最年少弾では金田の記録まで1年以上ある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月24日のニュース