17歳久保 A代表初選出!ゴール決めれば史上最年少「監督の目に留まるのが一番のアピール」

[ 2019年5月24日 05:30 ]

会見する久保(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は23日、6月5日の親善試合トリニダード・トバゴ戦、9日のエルサルバドル戦の日本代表27人を発表し、FC東京のMF久保建英(17)が初選出された。また、広島のGK大迫敬介(19)はJ発足以降ではGKとして最年少の選出。森保一監督(50)は新元号の初陣から“令和のスター候補”に英才教育を施す意向を示した。

 初のA代表選出にも、久保はプレー同様に冷静に分析していた。「光栄です。選出は早いなと思いますし、選ばれるとは全く思ってなかった」と、テレビカメラ10台、40人を超える報道陣の前で話すと、こう続けた。「吸収する側なので、ピッチ内外で学べることは全部学びたい」

 新元号初陣を迎える森保ジャパンに、新風を吹き込む。6月4日の18歳の誕生日翌日の5日か、9日の試合でデビューすれば、史上2番目の年少出場記録。さらに、ゴールなら金田喜稔氏の19歳119日を超える最年少得点となる。

 もちろんA代表定着は簡単ではないことは、久保自身が一番よく分かっている。右サイドには来年の東京五輪でも定位置を争う堂安。トップ下には香川、南野と実績十分の先輩が立ちはだかる。本人も「ポジションを勝ち取るとか言えるレベルではない」と、殊勝に話した。

 それでも、期待は高まる。リーグ首位を快走するFC東京では、攻撃の核として開幕12戦無敗に貢献。12日のリーグ磐田戦、18日の札幌戦で2試合連続ゴール中だ。セットプレーのキッカーも任されており、11試合2得点3アシスト。森保監督は「緩急を織り交ぜてゴールに向かっていく、相手の守備網を崩せる選手」と、高い評価を口にする。機運の高まりで、24日に発表される南米選手権(コパ・アメリカ)の代表にも名を連ねていることも明らかになった。

 豊田スタジアムでのデビューなら、出世街道をなぞることになる。同会場で行われた08年5月24日の国際親善試合コートジボワール戦でデビューしたのが、MF香川とDF長友。香川は14年ブラジルと18年ロシアとW杯2大会で10番をつけてプレーし、長友もイタリアの強豪インテルで存在感を示すなど、世界に羽ばたいた。

 「監督の目に留まるのが一番のアピール。そういうプレーを出していければ」。日本サッカー界の至宝が、ついに立ったスタートライン。「これで終わりじゃないと思う」と話した17歳の目の前には、20年東京五輪、22年W杯カタール大会への輝く道が続いている。(古田土 恵介)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月24日のニュース