快進撃の大分、GK小島&DF岩田が代表初選出「大分と日本の代表として…」

[ 2019年5月24日 16:13 ]

コパアメリカを戦う日本代表に選出された大分DF岩田智輝
Photo By スポニチ

 昇格組ながら現在J1で3位と快進撃を続ける大分から、GK小島亨介(22)、DF岩田智輝(22)の2人が「コパアメリカブラジル2019」(6月14日~に出場する日本代表メンバーに選出された。

 GK小島は今季早稲田大から加入。リーグ戦への出場はないが、ルヴァン杯2試合に出場している。年代別代表の常連で、今年もU―22日本代表としてAFCU―23選手権タイ2020予選を戦っている。小島はクラブを通し「日本代表に選出していただき、大変嬉しく思います。今回は、コパ・アメリカに出場するということで南米のチームと戦える貴重な機会を無駄にせず、自分の持っている力を最大限に発揮したいと思います。勇気を持ってプレーして、チャレンジしていきます。また、大分トリニータと日本の代表として覚悟と責任を背負い戦ってきます」と決意を述べた。

 大分の下部組織出身のDF岩田は、今季初挑戦のJ1で不動の右SBとしてリーグ戦12戦にフル出場。2得点を決めている。ルヴァン杯にも3試合出場しており、チームに欠かせない攻守の要として存在感を示している東京五輪世代だ。2017年のU―20日本代表M―150カップを最後に、年代別での代表選出がなかったが、リーグ戦での活躍で評価を高めた。

 岩田はクラブを通じ「今回日本代表に初招集されて凄く嬉しく思います。今まで関わった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。自分の良さを出し、代表としての目標を達成するために全力で頑張って来たいと思います。そして、多くの事を学べる場なので、たくさん良いものを吸収して来ます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

 大会で日本代表は6月17日にチリ代表との初戦を戦う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月24日のニュース