ゲンクの伊東純也が帰国 新天地1年目でリーグ優勝「嬉しかった」

[ 2019年5月22日 17:19 ]

ファンにサインをする伊東純也
Photo By スポニチ

 ベルギー1部ゲンクの日本代表MF伊東純也(26)が22日、成田空港着の航空機で帰国した。集まったファンに丁寧に対応するなどリラックスした様子を伺わせた。

 報道陣から新天地1年目の手応えを問われると「疲れました」と前置きし、チームのリーグ優勝について「1年目にしては早い時期に試合に出られたので良かった。自分で覚えてないくらい優勝してなかったので嬉しかった」と笑顔。さらにベルギーリーグは「個の能力は高かったし、対人はやはり強い」とした上で「ストロングポイントは出せたし、通用したと思う」と充実の表情を見せた。

 伊東は今冬、J2柏からベルギー1部ゲンクへと期限付き移籍。初の欧州挑戦では自慢の快足を武器に13試合3得点2アシストと活躍し、チームのリーグ制覇に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月22日のニュース