森保監督、浦和―北京国安戦視察 長沢を高評価「いいプレーだと思います」

[ 2019年5月22日 05:30 ]

浦和―北京国安戦を視察する日本代表・森保監督(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 日本代表とU―22日本代表を兼任する森保監督が浦和―北京国安戦を視察。途中出場で3得点に絡んだ長沢を高評価した。「サッカーはボールを奪い合うスポーツ。そういう部分で戦える選手ですし、候補の一人として見ています。長い距離を運び、相手を引きつけ、冷静にパス。いいプレーだと思います」と話した。

 22日は鹿島―山東魯能戦を視察し、23、24日には6月の親善試合、南米選手権に向けた代表発表が待つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月22日のニュース