浦和 興梠、最多出場&得点更新弾!「久々に圧倒できた」

[ 2019年5月22日 05:30 ]

ACL1次リーグ・G組   浦和3―0北京国安 ( 2019年5月21日    埼玉 )

後半、ゴールを決めた浦和・興梠(と喜ぶ(左から)エヴェルトン、武藤、長沢、青木、山中、槙野   (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 浦和エースのFW興梠がACLの日本人最多出場記録(59戦)を樹立、同日本人最多得点(21点)の更新で花を添えた。

 2―0で迎えた後半36分、FW武藤の折り返しを左足で合わせた。「最多出場?それは知らなかった。みんながハードワークして、久々に相手を圧倒できた。改めて前からいかないと、と思いました」と話した。相棒の武藤も1得点2アシストをマークし、快勝につなげた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月22日のニュース