小林 名波監督直伝FK蹴る「他に誰かいます?」

[ 2019年3月24日 05:30 ]

キリンチャレンジカップ2019   日本―ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

練習で競り合う(左から)西、小林、安西、鎌田、三浦、宇佐美(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 MF小林は先発が有力なボリビア戦でプレースキッカーに名乗りを上げた。練習後に取材対応し、“キッカーは?”との問いに「他に誰かいます?」と鋭い眼光で逆質問。まさに当然とばかりに「蹴りたい人がいれば蹴れば良いけど、いなかったら蹴ります」と続けた。

 磐田所属時代に同じ左利きでキックの名手として知られた名波監督から直接指導を受けた。助走の歩数などルーティンを確立することで、より正確で安定した軌道のボールを蹴ることができるようになったという。森保ジャパン初招集の小林にとっても、ボリビア戦は生き残りを懸けた一戦だ。本田が去った今は左利きのキッカーは不在の状況。小林は名波監督直伝FKで、その実力を示す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月24日のニュース