南野 香川との共存に手応え 連係高める必要性も強調

[ 2019年3月24日 05:30 ]

キリンチャレンジカップ2019   日本―ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

<日本・コロンビア>試合後に話をする香川(右)と南野(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 MF南野は新BIG3と香川の融合に手応えと課題を口にした。

 コロンビア戦では香川がピッチに入った後半20分から、退いた同34分まで約14分間、一緒にプレー。新BIG3の一角を占める背番号9は、「(香川)真司くんが入ってから攻撃にリズムが生まれた」と共存に手応えを示した一方で、「その中でチームとして味方の良さを生かしてもっとゴールに向かっていくプレーを増やしていければ」と連係を高める必要があると強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月24日のニュース