メッシ 9カ月ぶり代表復帰、好機演出にゴール起点も

[ 2019年3月24日 05:30 ]

国際親善試合   アルゼンチン1-3ベネズエラ ( 2019年3月22日    スペイン・マドリード )

<アルゼンチン・ベネズエラ>競り合うアルゼンチン代表のメッシ=左(AP)
Photo By AP

 アルゼンチンはFWメッシが昨年のW杯ロシア大会以来、約9カ月ぶりに代表復帰を果たした。

 髪を短く切り、16年の南米選手権以来伸ばしていたヒゲを全部そった“若々しい”姿でフル出場。前半30分に3人抜きから好機をつくり、後半14分には1人をかわして展開しゴールの起点となった。チームは1―3で敗れたが、スカロニ監督は「メッシはいいプレーでチャンスをつくってくれた」と評価。ただしメッシは試合後に股関節痛を訴えており、26日のモロッコ代表戦は欠場する見通しとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月24日のニュース