2023年女子W杯招致へ 日本サッカー協会が立候補の意思表明書を提出

[ 2019年3月15日 18:00 ]

 日本サッカー協会は15日、2023年に開催される女子ワールドカップ(W杯)の開催地として立候補するための意思表明書を国際サッカー連盟(FIFA)に12日付で提出したと発表した。

 意思表明書の提出は、FIFAが定める招致活動のプロセスにおいて最初の手続き。10月4日までに招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAに提出、2020年3月に開催国が決定する。

 女子W杯は1991年に中国で第1回女子世界選手権として開催され、2003年大会から女子W杯に名称を変更。今年6月7日から7月7日までフランスで第8回大会が開催され、2023年大会は第9回となる。日本は第1回大会から連続して出場し、2011年に初優勝、2015年には準優勝している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月15日のニュース