FC東京・久保 U22飛び級選出も冷静「まずは週末の試合が大事」

[ 2019年3月15日 05:30 ]

U―22日本代表メンバー発表

FC東京の久保建英
Photo By スポニチ

 U―23アジア選手権予選に臨むU―22日本代表メンバー23人も発表され、FC東京のFW久保建英(17)が選ばれた。予選は44チームを11組に分け、各組1位と2位のうち上位4チームが本大会(来年1月、タイ)に出場する。日本はI組で22日にマカオ、24日に東ティモール、26日にミャンマーと、ミャンマーのヤンゴンで対戦する。

 飛び級での選出にも天才レフティーは一喜一憂しなかった。「素直にうれしい」としながらも、声のトーンも表情も普段と変わらない。日本代表と五輪代表を兼任する森保一監督(50)が「金メダルを獲ろうと思ったら日本代表でも活躍している選手が出ないと本当に難しい」と若手に発奮を促した件についても「何試合もレギュラーとして定着できるようになれば話は変わる。今は先のことを考える余裕はない」と淡々と話した。現段階での目標はあくまでも目前の試合で最大のパフォーマンスを出すこと。「まずは週末の試合が大事。まだ主力ではないしここから競争が始まると思う」。17日の名古屋とのリーグ戦に集中する考えを示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月15日のニュース