G大阪 遠藤、15日で50歳の武豊から刺激 第一線プレー継続へ気持ち新た

[ 2019年3月15日 05:30 ]

2015年のイベントで共演したG大阪・遠藤(左)と武豊(左から2番目)
Photo By スポニチ

 50歳まで現役!?G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(39)が14日、15日に50歳の誕生日を迎える競馬騎手の武豊に触れ、第一線でのプレー継続へと気持ちを新たにした。

 日本の競馬界とサッカー界をけん引する者同士は、以前から親交があり、食事などをともにする間柄。「普段は仕事での凄みを見せない人。気さくで優しくて、オンとオフがハッキリしている」と印象を語った。

 プライベートでは仕事の話をすることは少なく「豊さんの信念とかは聞いた事がないしエピソードとかはないですよ」と笑う。それでも、刺激を受ける存在であることに変わりはない。「人に努力している姿を見せない。ケガとかもしているけど、今年も調子がいいですし、競馬界といえば武豊。それは引退されるまで続くんじゃないかと。本当にリスペクトしています」という。

 来年1月に40歳の誕生日を迎える遠藤。同年代では引退する選手が増えているものの、自身は今季も開幕から全試合に先発出場を果たしている。

 「まだまだ自分は豊さんに及ばないし、スポーツの種類が違って、それぞれの大変さがあると思う。でも、チームから必要とされる限りはやりたいし、ケガをせずにいられれば、まだまだ楽しみながらやれると思っている」

 G大阪の背番号7は、これからもピッチで走り続ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月15日のニュース