マネ躍動2発!リバプール“名門対決”制し8強入り

[ 2019年3月15日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ決勝T1回戦第2戦   リバプール3-1Bミュンヘン ( 2019年3月13日 )

<リバプール・Bミュンヘン>後半39分、チーム3点目のゴールを決めるリバプールのマネ=中央(AP)
Photo By AP

 リバプールは過去に5度優勝している名門同士の対決で、背番号10のセネガル代表FWマネが2得点と躍動した。

 同僚のMFミルナーから「バカげたほど凄い」と絶賛されたのが前半26分の先制点。ロングパスを受け、前に出てきたGKノイアーを鋭いターンでかわし、冷静に左足ループで決めた。2―1の後半39分には頭でダメ押し弾。過去7季で6度も4強入りした強豪を撃破し、準優勝した昨季に続く8強入りに、クロップ監督は「欧州トップクラブに返り咲くための大きなステップ」と誇った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月15日のニュース